【17巻:146話】”国防戦”


【17巻:146話】”国防戦” 

ドラム城へと帰って来たワポルは、いきなりルフィの
一撃を受けた!!
吹き飛ぶワポルを必死で押さえる幹部二人。

「お前ら さっきはよくもやってくれたな」

もうナミをかばう必要のないルフィは嬉しそうに言う。

「しっしっしっしっしっし
も〜〜〜我慢しなくていいんだっ!!」

幹部達はワポルが王様であることを伝えようとするが、
話を全く聞いていないルフィは、外が寒いとコートを
取りに戻っていく。

ワポルは気を取り直して、目の前の連中を倒せば城を
取り返せると立ち上がる。

だが、チョッパーがその前に立つ!

「ドクターはこの国を救いたかったんだ!!
あのドクターの”信念”は絶対に下ろさないぞ!!」

チョッパーの頭上には、ヒルルクの掲げた”海賊旗”が
掲げられていた!!
闘いの火ぶたが切って落とされる。
クロマーリモが”アフロ”をドクトリーヌに飛ばす!!
それをサンジが脚で受け止めるが、そのアフロは静電気
でサンジの脚にひっついた。

さらにアフロを飛ばすクロマーリモ。
そしてチェスが火矢を向ける。

「地味な割にはよく燃えるんだぜ」

間一髪避けるサンジ!

すかさずチョッパーがチェスに殴りかかるが、なんと
ワポルが脇から現れてチョッパーを食べてしまった!!
一方、防寒着を探すルフィはナミの部屋に。

「どうしたの? 外…」

「ああケンカだよ」

そんなルフィに、ナミは「私の使っていいわよ」と
自分のジャケットを貸してあげた。

ジャケットを借りたルフィは、まさにチョッパーが食べ
られようとしたその時、彼らに向かって走って来る!

サンジがルフィに脚をつかませ、ルフィをワポルに蹴り
飛ばす!!

さらに回転を加えたルフィがワポルの腹に直撃!!

またしても吹っ飛ぶワポル。
今度はワポルが乗ってきたカバに直撃して難を逃れた。

ついにブチ切れたワポル。

「殺すぞ あいつら
見せてやる… ”バクバクファクトリー”!!!」


 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る